<観音舞 伝え手 關口奈美プロフィール>
2014年より観音舞創始者 舞道家 柳元美香氏に
師事、観音舞の伝え手として2016年より東京北区赤羽、2017年より舞の分かち合いクラス(お稽古会)を持つ。舞は祈り、祈りさえ超えた純粋なるいのちの響きという自然と和のこころに根ざした観音舞の原点に共鳴し、舞の持つ可能性を伝える活動や、神社奉納に参加、またその一環として奉納舞台の企画開催も行っている。

【奉納・舞台出演実績】
2015年 梅若能楽堂 葉月の会/2016年 八ヶ岳 建部神社・東京都 七社神社奉納
2017年 葛木御歳神社、等彌神社、島根県 出雲大社、美保神社、日御碕神社、
東京都 七社神社、石川県 那谷寺、福井県 平泉寺白山神社、岐阜県 白山中居神社
石川県 長久寺Oterart、金澤神社奉納 、淡路島
伊弉諾神宮 淡路伝統芸能祭、奉納「祝水 はふりのみず」、島根県 熊野大社、名古屋城「光響絵巻」、北海道千歳神社奉納、2018年川口神社奉納、立川諏訪神社奉納 他


【観音舞との出逢い】
2014年夏、沖縄の神の島久高島で降ろされたというアマノマイの動画を一目見て忘れられず舞の伝授会を熱望して開いていただいた際に、家元が最後に観音舞「風」を披露して下さいました。

それは今までに見た事の無いような、そして何か私達の原点に触れるようなその美しい動きや型の気持よい運びの流れ・・今思い返せば本当に運命の出逢いでした。

私も普段は心や魂を扱うカウンセリングのお仕事や、表現を扱うデザインのお仕事を
もう10年以上しております。そのすべてに繋がるものを観音舞の世界に見つけたのです。

バレエやダンス、フラにはずっと触れていた人生ですがあの難しそうな舞を、
ゆったりと優雅という言葉すら超えた舞を、
自分が舞うなんて思っても見なかったですが
ですが出逢いは突然・・そんなもののようです笑。

観る気持良さを超えて、さらには自分自身が舞うようになり
、舞う心地よさを感じ合いたい。
そんな想いから早4年、数々のご奉納のご縁も沢山いただいて、
こうして舞の分かち合い会を持たせていただくまでになりました。

私なりに味わってきた奥深く艶やかで美しい舞の世界。
まだまだ重ねること、触れたい奥行き、原点にあるようでどんどん深化していく
世界です。

クラスで分かち合うそんな舞の時間、ご奉納という稀なる奇跡のひととき。
「生きるよろこび」がそれぞれの中でぎゅっと凝縮されて感じられる事、
かけがえのない時間です。

今、私にお伝えできることを余すことなくみなさんへ。
ぜひご一緒にそのひとときを過ごせる時を、楽しみにお待ちしています。
2018.3月

【お仕事はこんなことをしています】
サロンホームページ:レムリアンガーデン
ブログ:愛と豊かさに生きるヒーリングブログ